沿革と展望

会社沿革

会社沿革

明治41年 兵庫県神崎郡市川町にて鉄道用木枕木商を創業
大正5年 現在の岐阜市へ移り、岐阜県を中心に木枕木、原木の生産・販売に着手
大正10年

鉄道省指定業者として国鉄へ直接納入可能になる

昭和32年 製紙用原料である木材チップの生産を開始する
昭和40年 小林三之助商店(個人商店)から株式会社小林三之助商店へ組織変更
同年、名古屋鉄道株式会社と共同で高温高圧注入設備を備えた名鉄木材防腐株式会社を設立
昭和41年 当会社の運輸部門を独立させ、日本枕木運輸株式会社を設立
昭和46年 岐阜県可児市に木枕木専門工場(現在の可児工場)が完成、生産部門の増強する
昭和48年 山林経営並びに造林事業強化のため、小林造林不動産株式会社を設立
昭和51年 岐阜県各務原市に素材流通事業強化のため、原木センター市売部を開設
昭和54年 現在の岩手県宮古市茂市に新鋭機械導入による合理的な木枕木専門の岩手工場が完成し、東北地区の活動基盤強化を図る
昭和55年 岩手工場にチップ工場完成、生産部門強化を図る
昭和58年 東京都内に東京営業所を開設、関東地区営業強化を図る
昭和63年 可児工場にて、木枕木や製材製品の増量を図るためコンピュータ制御の製材設備を導入し、生産量を増やす
平成4年 建設業許可を受け内装仕上工事業に着手、関東方面で実績を伸ばす
平成6年 可児工場内に集成材工場を新設、同時に木材乾燥設備を完成させ、製材製品の新たなる開拓を始める
平成8年 内装仕上工事業に続き、造園工事業を取得
平成9年 土木工事業を取得
平成10年 福井県大野市にあった大野工場を岐阜県郡上市の白鳥工場へ統合、北陸方面の活動基盤を白鳥工場にする
平成11年 産業廃棄物処分業(木くず中間処理)の免許を取得
平成12年 可児工場内に木くず中間処理施設を完成させ、家屋解体材などの木くず粉砕業務を開始する
平成14年 岐阜県下呂市方面にて森林整備事業で実績を伸ばす
平成18年 株式会社小林三之助商店設立者、小林三之助氏(前代表取締役会長)が死去
同年、岐阜の本社を中心とし、可児工場、原木センター、東京営業所、岩手工場の全事業所がPCネットワークでつながり、業務効率の改善を図る
平成19年 東海北陸道全線開通間近で東海北陸地方交通利便性の更なる向上のため、白鳥工場を可児工場へ統合し、関東、東海、北陸、近畿、中国、四国地方を本社と東京営業所と可児工場で、東北、北海道地方を岩手工場でカバーする体制を整えた
平成20年 明治41年4月創業から100周年を迎え、本社新社屋が完成
平成21年 可児工場が新しくなる
平成22年 原木センターから各務原営業所へ名称変更
平成23年 東京営業所を江東区から文京区へ移転
マレーシア クアラルンプールに海外現地法人設立
SANNOSUKE KOBAYASHI (MALAYSIA) SDN.BHD.
平成26年 アメリカ オハイオ州ダブリンに海外現地法人設立
SANNOSUKE AMERICA,INC.
平成27年 カナダ オンタリオ州トロントに海外現地法人設立
SANNOSUKE WOOD CANADA,INC.

株式会社 小林三之助商店 これからの展望

株式会社 小林三之助商店 これからの展望

明治41年から100年以上、木と共に歩んできた当社は、山林の植林から維持管理、伐採・生産・加工・輸送、そして販売、処理まですべて一貫して行うことができる全国でも数少ない木材の総合メーカーです。

これからも自然と共生し、木の良さを十分ご理解いただきながらお客様の需要にお応えするとともに、社長はじめ社員一人ひとりが知恵を出し合い、今まで以上の責任感と努力を身につけ「会社とともに成長していこう」という意識を持たせ歩んで参ります。
口で言うだけでなく、実際に行動し努力した結果はおのずとついてくるはず、そう信じ今もこれからも全社員が幸福でいられることを目標としております。
明治41年から100年以上、木と共に歩んできた当社は、山林の植林から維持管理、伐採・生産・加工・輸送、そして販売、処理まですべて一貫して行うことができる全国でも数少ない木材の総合メーカーです。
これからも自然と共生し、木の良さを十分ご理解いただきながらお客様の需要にお応えするとともに、社長はじめ社員一人ひとりが知恵を出し合い、今まで以上の責任感と努力を身につけ「会社とともに成長していこう」という意識を持たせ歩んで参ります。
口で言うだけでなく、実際に行動し努力した結果はおのずとついてくるはず、そう信じ今もこれからも全社員が幸福でいられることを目標としております。